2010年02月14日

かいちゃんの切迫早産体験談

診断された数週:34 週
処方または投与された薬:張り止め、抗生剤、デカドロン(赤ちゃんの肺の成熟を促すため)いずれも点滴、増血剤
入院はしましたか?:入院をしました。
原因:2人目の妊娠で安静が難しかった
安静の度合い:入院(ベッド上安静)


初期にも、出血があったりして自宅で安静は言われていました。
5ヶ月頃より、お腹の張りが強くなり ウテメリンを飲んでいました。
33週の検診で、子宮口がかなり柔らかいので実家に帰るように言われました。
翌日、実家に帰省。
34週0日 椅子から立ち上がった時に、バシャーッと破水。出血もしていました。
かかりつけの産科で診てもらうと、はやり羊水の反応あり。
小児科のある所の方が、早産になっても安心なのでと かかりつけの開業医から周産期センターのある総合病院の産科に母体搬送。

お腹も、かなり張っていると言われて(いつも、そのくらい張っていた)張り止めの点滴がすぐ開始。
このまま産まれたら、赤ちゃんは早産で自分で呼吸できない(肺が未熟なため)かもしれないということで、赤ちゃんの肺の成熟を促す点滴をする。
破水をしているので、抗生剤の点滴で感染を予防しながら様子をみる。
入院中はベット上安静。トイレに一番近いベットでした。シャワーも入浴も禁止。
24時間点滴 していたので、副作用で動悸や手の震えがつらかった。

精神的にも、この先 赤ちゃんは どうなってしまうのか心配で かなりつらかった。

早産だと赤ちゃんがお産に耐えられないかもしれないので、その場合 帝王切開になると説明される。

35週5日目に更に大きく破水し、子宮頚管も短くなっていてお産が始まっているので、週数は早いけど出産することに。点滴をやめてからは、あっという間に産まれました。
赤ちゃんは臍帯が首に巻いていたりして 仮死状態でしたが、分娩室に入ってくださった小児科の先生に蘇生してもらい、そのままNICUに運ばれました。

自力呼吸できたのと、保育器を出ても問題ないので2日でNICUを出ました。
赤ちゃんは臍帯が首に巻いていたので、しばらく顔が内出血していて可愛そうでした。
posted by BABYPARA at 13:59| 切迫早産